礼服と喪服の違いとは?

喪服はお葬式や法事で着る礼服です。礼服は、冠婚葬祭で着用する正装のことです。そのなかでお葬式や法事の場で着るものを喪服といいます。つまり、礼服という広いくくりの中に喪服が含まれています。

礼服には、「昼の礼服」と「夜の礼服」があります。昼間に行われる結婚式や披露宴は昼の礼服を、夜に開催されるパーティーや結婚式では夜の礼服で参加するのがマナーです。現在は厳密に区別されていないのですが、礼服を選ぶときにはご注意ください。

礼服の基本とは?

礼服は、どのような洋服で、どのようなシーンで着用するのがふさわしいのかをご説明します。

礼服は儀式などで着るフォーマルウエア。格式はそれぞれ「正礼服」「準礼服」「略礼服」「平服」に分けられます。しかし、礼服を着用すれば正装、礼装にあたります。また、紋付の羽織袴・黒無地着物(=黒喪服)・黒留袖などの和装も格式の高い礼服です。

礼服は結婚式や入学式などお祝いの席から、お葬式などお悔やみの席まで着られるフォーマルウェアです。なので、冠婚葬祭全般で着用可能です。

タイプも、ブラックフォーマルとカラーフォーマルがあり、ブラックフォーマルは冠婚葬祭の「葬」にあたる弔事に着る喪服と考えるのが一般的です。黒色の深さや生地の質が違うためビジネスシーンには向かず、スーツの代用として着用することはできません。なので、黒のビジネススーツを礼服代わりにするのもマナー違反です。

礼服の種類について

男性の礼服には、「モーニングコート」「燕尾服」「タキシード」「ブラックスーツ」などの種類があり、それぞれ着用シーンが異なります。

モーニングコート
昼の正礼服で、結婚式でもお葬式でも着用できる慶弔両用の礼服。

燕尾服
男性の夜の正礼服のひとつで、格調の高い夜の式で着用します。

タキシード
夜の準礼服。最近は昼間の着用も可能になり、一般的な結婚式でも着られることが多い。

ブラックスーツ
スタンダードな礼服で、格式は略礼服。昼夜関係なく、結婚式やお葬式など、さまざまな儀式・フォーマルシーンで着用できます。

喪に服す礼服である喪服

礼服の種類のひとつである喪服は、お葬式・法事といった弔事の席での服装です。喪服は、喪に服すという、悲しみに寄り添う気持ちを表しています。

喪服として着るべき服の種類について

喪服にも「正喪服」「準喪服」「略喪服」といった格式があります。喪主や遺族として参列する場合、男性は正喪服である紋付羽織袴、モーニングコート、女性は黒紋付など着物を着ることがマナーでした。しかし近年はマナーの考え方も変わってきており、男性の場合はブラックスーツといった洋装の略喪服を着ることが一般的です。

生地の黒色は、深く濃いほど格式高い喪服とされ、高級なものは深い黒になるまで何度も染め直されています。喪服選びでは、光沢がないより漆黒に近いものを選びましょう。

ネクタイも黒で光沢がないものを着けるのがマナーです。刺繍や柄など装飾があるものやネクタイピンの利用は避け、結びにも気を付けましょう。

急に喪服が必要な時、喪服レンタルを調べて、喪服レンタル店で借りるのも良いでしょう。