新築の賃貸物件の特徴とは?

賃貸でもまだ誰も住んだことのない物件を探すことができます。

広告表記における「新築物件」とは、“築1年未満でまだ誰も住んでいない物件”のことです。

築1年未満でも入居歴がある、未入居でも築1年以上経過した場合は、新築ではなく築浅ということになります。

近年の賃貸物件の供給数は、2012年以降ゆるやかに増加しています。また、国内全体の空き家の割合も増加傾向にあることから、新築だからといって必ずしも家賃が割高とはいえない状況になっています。

また、新築物件の家賃は設備の充実度によっても変わるため、一概に相場より高いとはいえません。中には初めの入居率をあげようとして、敷金・礼金なしの物件や、築年数の古い物件の相場よりも安い家賃で募集をかけている物件もあるので、これから新築の賃貸物件を探すという方はよく調べてみてください。

新築の賃貸物件を効率よく探すには、不動産ポータルサイトの検索機能を使うと便利です。新築 武蔵村山市などで検索すると良いでしょう。

新築を探す時は、希望のエリア・間取り・駅からの距離といった項目を指定した後、
築年数の項目で新築や1年未満にチェックを入れます。

検索の結果、物件数が少ない場合は、建設予定の物件がないか、直接不動産会社に問い合わせてみましょう。

新築の賃貸物件のメリット・デメリット

新築の賃貸物件のメリット・デメリットとは?

一見メリットしかなさそうな新築物件ですが、物件によっては思わぬデメリットに出くわすこともあります。

他の賃貸物件と比較した場合の、新築物件のメリット・デメリットをご紹介します。

メリット

一番乗りの入居者
当然ながら、外観も内装もきれいで新しく、デザインもオシャレに設計されていることが多い新築物件。部屋に全く使用感がないため、まるで新築のマンションを購入したかのような気分を味わえます。室内の設備を初めて使用できるのは、新築ならではの特権と言えるでしょう。

同時期に引越ししてきた居住者ばかり
築年数がある程度経過している物件の場合、すでに入居している住民の人間関係の中に一から入らなければなりません。しかし新築物件では、比較的入居時期が近い人が多くなります。新生活が始まったばかりという人が多くなるので、既にあるコミュニティに入るよりは安心という場合も多いでしょう。

最新の設備やセキュリティ
設備が最新だと生活のしやすさも変わります。賃貸物件といっても、最近は集客率アップを図ってか、分譲並みの仕様や設備が備わっている物件もあります。

オートロック・追いだき機能付きのお風呂・モニター付きインターフォン・洗浄機能付きトイレ・床暖房など、最新の設備で安心して暮らせる機能がついている物件も増えてきています。

デメリット

完成前の物件だと内装が見られない
入居希望の新築物件が建築中だと、実際に内装を見て決めることができません。
部屋を見ずに図面だけ見て契約した場合、住み始めてから、従来予定していた仕様と変わっていることに気がついたり、設備に不具合が生じたりするなど、思いがけない問題が発生することがある場合があります。これがデメリットです。