遺品整理を専門業者に依頼するメリット・デメリットまとめ。

メリット

「遺品整理 東京」「遺品整理 名古屋市」などで調べると、遺品整理のプロの業者が数多く表示されますね。1番目は、清掃や原状回復もしてもらえることです。

故人が一人暮らしをしていたケースは多いと思います。その場合、身の回りの小物だけでなく、大型家電や大型家具を処分しなければならないです。

こういったことを血縁者だけで整理できないと思います。大きな出来事に直面して精神的にも体力的にも弱っているときにこの整理は、負担が大きすぎます。

そんな場合、遺品整理専門業者が重宝します。遺品整理専門業者は、タンス、食器棚などの大型家具も処分してくれます。

遺品を供養するようなサービスをオプションで受付してくれる業者もあります。

長期間生活してきて傷んだり汚れている部屋を綺麗に原状回復してもらえたら、賃貸物件でもトラブルなしで部屋をかえすことが可能です。また、遺品整理を素人がするよりも便利ですメリットは大きいです。

2つめは、遺族が遠方に住んでいたり遺品整理をする時間がなくても対応してくれるという点です。

もちろん、自分達で遺品整理をすればお金を使うこともありません。

しかし、自分の持ち物を整理するのと、自分以外の人の持ち物が、どこにどれだけあるかを把握するだけでも大きな負担になるかもしれません。

品物を見ながら、故人の思い出に浸ってしまうと整理が進みません。

もしご近所にお住まいならばいいですが、遠方にお住まいの場合、移動もコストもかかります。遺品が多いと、泊まり込みになってしまうでしょう。

そんな場合、遺品整理専門業者に依頼をしたら1日で完了できるでしょう。

故人の家に足を運ばなくても、代理で片付けてくれます。なので、利用者も負担を軽減できます。

業者が捨てるのに迷う場合、写真をスマートフォンに送ったりしてやりとりができます。

デメリット

デメリットは、費用が発生することとトラブルがあることでしょう。

1つ目は、費用の発生です。

仕事をお願いするので、仕方がない部分ですが、遺品整理を業者に依頼すればスムーズに終わることができ負担は大幅に軽減されます。これは、コストパフォーマンスの問題になります。

遺族だけで処分すれば、粗大ゴミの処分代程度しかお金はかからないでしょうが、遺品整理専門業者に依頼すれば、遺品の数にもよりますが、数十万円かかる場合もあります。最終的に、遺族がコストを抑えたいのか、負担を抑えたいのかの判断になります。

2つ目はトラブルが起こる可能性です。

遺品整理業界は認知度も低いので、悪質業者も存在します。例えば、見積もり段階では問題なかったのに、支払いをするときに見積もりよりも高い金額を請求されたりする様な事案もあります。

金額が増える理由が正当であれば理解できますが、その説明もなかったりします。

また大切な遺品を破損させてしまうトラブルもあります。悪質なところはホームページがなかったり、プロフィールや実績があいまいです。

なので、クチコミ情報系サイトでチェックして、評判が良くない遺品整理業者と契約をしないように注意をしましょう。