畳ベッドを選ぶときのポイントとは?

マニフレックスなど寝具には、いろいろありますが、畳ベッドを選ぶときのポイントについて解説します。

畳の弾力性はどうか

基本的に、畳ベッドには若干の弾力性はあるものですが、普通に畳の上に布団を敷いて寝るのと何も変わりはありません。

強いて言えば、寝るのを前提とした畳であるなのです。商品の中には、い草の下にクッション性の高いウレタンを入れこんだものも売られています。

寝心地にこだわる方は、そのクッション性にこだわった方が良いでしょう。

国産か海外製か?どちらが良い

畳には、国産のい草、天然い草100%、中国産のい草、セキスイの高機能美草、クッション性のある畳、洗える畳など様々な種類があります。

見た目だけでなく肌触りや香り、調湿作用なども違います。また、日焼けや擦り傷などの耐久性も違います。

予算があるなら、中国産などの畳ではなく、国産のものを選んだ方が良いでしょう。

ベッドの見た目は、インテリアにも大きく影響します。畳ベッドはまだまだ種類も少なく、ダサいイメージのものも多いです。畳やフレームのデザインがおしゃれなものを選びましょう。

そんな中、一見畳ベッドだとは分からないおしゃれなアイテムが増えてきており、若い世代にも人気が出てきています。

分かりやすいのが、畳の表面です。茶色などのたカラーもおしゃれですし、一般的ない草ではなく格子模様に織られたものなどもあり、上品さをかもし出します。

白黒のカラーや、ブラウンブラックの畳表なら、和モダンなインテリアにもマッチします。好みのテイストに合う畳ベッドを探してみてください。

畳の使い勝手やお手入れのしやすさも気になると思います。

腰かけや小上がりやとして使うことが多い場合、飲み物やお子さんの食べこぼしで汚れることもあります。

この場合、防水効果のある、汚れに強い畳を選ぶようにしましょう。水に強い特殊な樹脂を使ったものだと、まるごと水洗いもできます。なので、小さいお子さんがいるご家庭におすすめです。

収納付きの畳ベッドを買う場合、収納のしやすさは大きなポイントです。一番のおすすめは「引き出しタイプ」です。

跳ね上げ式タイプでは、毎回布団を下ろさないといけないというデメリットがあります。一般のベッドでしたら、マットレスごと持ち上げることができます。

跳ね上げ式ベッドでは、普段あまり使わないものをしまうのが良いでしょう。

ベッド下に丸ごと布団が収納できるものもあります。しかし、いちいち畳を外さないといけなかったりするので、手間がかかりますので、注意が必要です。